ボトックス注射は過剰な投与で副作用が現れる

女性
  1. ホーム
  2. ボトックスの保険適用

ボトックスの保険適用

ドクターとナース

ボトックス注射は実は保険適用される治療方法です。しかし、一般的に知られるしわ取りなどの美容目的ではなく、医療目的で使用される場合のみです。もともとボトックスは眼瞼痙攣や片側顔面痙攣、下肢痙縮や上肢痙縮、発汗異常などの治療に対して用いられている医療薬です。ボトックスの効果は筋肉を動かすための神経に入り込み、その神経を麻痺させる効果があります。その結果、強張った筋肉を弛緩させることができて痙攣などの症状を抑えて、通常通り動かせるようにするのがボトックスの目的です。美容目的で使用する場合は副作用として現れていた、まぶたの下がりなど筋肉が緩んでしまっている状態は、本来のボトックスの効果だったのです。ボトックスを使用して痙攣や発汗異常を治療することで、注入後の2~3日ほどで徐々に効果が現れてきます。次第に筋肉のこわばりがほぐれていき、その効果は3~4カ月ほど持続します。4カ月を過ぎたあたりから効果が弱まっていき、再び痙攣の症状が現れてきますので、効果を継続させる場合はボトックスを続けて反復して注射していきます。しかし、ボトックスの主成分はたんぱく質なので、ごくまれに抗体ができてしまい続けてボトックスを注入しても効果が弱まってしまう可能性があります。また、医療目的での使用の場合は副作用が現れます。主に脱力を感じる事や注射部分が痛むことなどが副作用として確認されています。この副作用は、ボトックスの効き目が強く出てしまっている状態なので、日がたつにつれて薬の効果が弱まると同時に副作用は治まっていきます。医療目的で使用する場合、上肢痙縮や下肢痙縮、眼瞼痙攣と脇汗の発汗異常に対しては健康保険が使用できます。しかし、ボトックスは保険適用をしても高額な治療方法になります。医師との相談のうえで治療を行なうようにしましょう。