ボトックス注射は過剰な投与で副作用が現れる

女性
  1. ホーム
  2. 特徴あるボトックスの種類

特徴あるボトックスの種類

注射

しわを治療することで一般的にも広く認知されているボトックス注射です。ボトックスは多汗症や形成斜頸などの治療目的で使用されていました。医療目的として利用されていたボトックスですが、その効果を利用してしわを伸ばす美容目的での使用が認められ、たくさんの美容整形クリニックでボトックス注射が使用されるようになりました。幅広くで使用されるボトックスですが、美容目的で使用されているボトックス注射の中でも3種類あります。3種類様々な特徴を持っており、クリニックによって取り扱っているボトックスの種類も異なりますので、3種類の特徴を知って使用したいものを自分の中で決めておきましょう。1つ目の種類は品質が安定していて、安心して使用されているゼオミンです。ゼオミンの特徴は何といっても長期に渡って使用ができることです。ボトックスは長期的な使用をすると、人の生体反応としてボトックスに対して抗体ができてしまいます。その抗体ができる理由としては、ボツリヌストキシン製剤の製造過程の中で、効果を発揮する成分以外に少しのたんぱく質が混入してしまうため、抗体ができるようになっていると解釈されています。ゼオミンはボツリヌストキシン製剤の中に不純物がほとんどない状態を作り出すことができたため、抗体を作らないことに成功しました。それに加えて、ボトックスの欠点として熱に弱いことが挙げられていましたが、ゼオミンは常温での保存が可能になったため、輸入過程で劣化することなく品質として安定性があり、確実な効果を発揮することができます。2つ目の種類はボトックスを世界に知らしめたボトックスビスタです。日本では唯一厚生労働省がボトックスを美容目的で使用することを承認しているのがボトックスビスタです。世界的に流通しているため品質管理が十分にされているため、安心して使用することができるのがボトックスビスタの特徴です。3つ目の種類は品質保証と安さを兼ね備えたニューロノックスです。安全性の確保をしっかりしていながら、値段を下げることが可能になったのがニューロノックスの特徴です。3種類の美容目的のボトックスが展開されています。しかし、長期的に使用できる種類のボトックスもありますが、過剰なボトックス注射の投与は副作用を引き起こします。ボトックス注射の過剰投与による筋肉関連に現れる副作用やかゆみや腫れなどの副作用に気をつけましょう。副作用をきちんと理解して、安全に美容目的でボトックスを使用しましょう。